元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

子供の日 五月人形の由来

子供の日 五月人形
子供の日 五月人形の由来



5月5日の「こどもの日」には、「五月人形」が飾られます。一般的なのは、威厳のある勇ましい鎧兜ですが、鍾馗(しょうき)や優しい顔立ちの童人形もあります。鎧兜を、端午の節句に飾る習慣は、鎌倉時代から始まりました。江戸時代には、源義経弁慶などの勇ましい武者人形や、神武天皇が飾られました。そして、戦後には、鍾馗神武天皇を飾るようになりました。
「神武天皇」は、文武両道の象徴として崇められており、「鍾馗」は、災害や病気に対する守護神とされてきました。鍾馗は、恐ろしい顔をしていますが、邪鬼を追い払う神様です。
近年、あまり鍾馗を見かけることがなくなりましたが、鎧兜よりも、魔除け効果が強そうです。
鍾馗の歴史は、中国・唐、玄宗皇帝の時代にさかのぼります。鍾馗は、高級官僚に合格しましたが、その人相が、玄宗皇帝に気に入られなかったため、官僚の地位を下ろされてしまい、自害することになってしまいました。玄宗皇帝は、その後、マラリアにかかって、高熱で寝込んでしまいました。
その時、宝物を盗もうとする邪鬼が、夢の中に現れました。皇帝が、大声を出して人を呼ぼうとすると、巨大な鬼が、その邪鬼を退治しました。皇帝を助けた巨大な鬼こそが、鍾馗であったのです。何者であるかを皇帝に問われると、その鬼は、「自害したが、手厚く帝に葬られたため、恩返しのために参った」と言いました。
翌朝、皇帝が起きると、病気はすっかり治っていました。皇帝は、画家を呼んで、鍾馗の絵を描かせて、厄除けの神として崇めることとしました。
現在では、凛々しくてかわいらしい童人形のような鍾馗が好まれており、健やかな成長を願う愛情が込められています。
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 05:51 | Comment(0) | 子供の日五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。