元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

着物を着る順序

七五三で着物を着る場合、足袋や下着などが必要なので、慣れないと着用は大変です。
着物を着る順序と、どんなものを着るのかを知っておきましょう。

和装では、着物は手直しがしやすいよう足元から上へと着用していきます。
足袋→裾除け→肌襦袢→補正(タオルなど使って調整する)→長襦袢→着物→帯の順番となります。

・足袋
着物は白い足袋を着用します。
足に合ったサイズを履いて、足袋にシワやたるみのない足元になるよう、心がけましょう。

・裾除け
洋服で使うペチコートにあたるものです。
着物や長襦袢の汚れ・痛みを防ぎます。
生地は足さばきのよい、絹やアセテート、キュプラ、ナイロンなどが用いられます。
スカート状になったものは着物と同じ打ち合わせにして、長襦袢より2?3cm短くなるように着用します。

・肌襦袢
着物に合わせて衿をくります。
前は長襦袢から、はみ出さないよう浅めに打ち合わせます。
直接肌に触れる下着なので、さらし、ガーゼなどの木綿の生地が肌襦袢には適しています。

・長襦袢
肌襦袢の衿が見えないように長襦袢を着ます。
長襦袢の衿には必ず半衿をつけます。
半衿とは、頻繁に洗濯のできない長襦袢につける衿の汚れ防止用の布で、長襦袢の衿に大きな縫い目で縫い付け、付け替えます。
半襟はほとんどが白ですが、おしゃれの要素も大きくなり、色のついたもの、模様のあるものなど様々な半襟もあります。

七五三での着物選びを通じて、ぜひ着物に興味を持ってください。


posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 着物を着る順序 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。