元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

着物の模様付けによる格

七五三で母親が着る着物は、模様付けによっても格が違ってきます。
模様付けの違いをここでは説明します。

・絵羽模様
絵羽模様とは、格の高い模様付け1つで、格の高い留袖、振袖、色留袖、訪問着などに用いられます。
模様が縫い目で切れないように生地を裁断・仮仕立てをしてから模様付けをします。
絵羽模様は、模様の位置により総模様、裾模様、肩裾模様があります。

総模様は、打ち掛けや振袖に見られる着物全体に広がる模様で、とても華やかな模様です。

裾模様は、着物の裾に模様があり、留袖、色留袖に用いられます。
裾模様は江戸褄模様とも呼ばれます。
江戸褄(えどづま)模様は、裾模様の位置により、江戸褄模様・江戸褄両褄模様・大江戸褄模様・江戸褄腰高模様・片褄模様・褄模様があり、江戸妻模様は着物の上前の前身頃ごろと褄(つま)に模様があります。
褄とは着物の衽(おくみ)のことで、前身ごろに縫い付ける18cmくらいの布を指します。

肩裾模様は、肩と裾に模様があり、訪問着に用いられています。

・付け下げ模様
付け下げは、反物の状態で着物の各部の位置をあらかじめ決めてその位置に墨付けをし、模様が上向きになるよう模様付けします。
これが、付け下げ模様と呼ばれます。

・着尺模様
着尺とは、大人用の着物を1枚仕立てるのに必要な長さ(11.4m)の和服地のことです。
着尺模様は、この着尺地全体に、端から端まで小花柄、扇面、縞などの模様が連続して配置され、小紋などに用いられます。
絵羽模様や付け下げ模様に比べ、格式ばらずに着用できます。

七五三を通じて、着物に関する様々な知識を得てもっと着物に親しみを持ちましょう。



posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 着物の模様付けによる格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。