元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

着物の紋入れの種類




ハート食器の世界     Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

着物の紋入れの種類
お祝い七五三と子供の日



七五三に男の子の着物への紋入れの方法は染め抜きです。
紋入れには、他にも様々な種類があります。
ここでは、七五三の紋入れの種類を紹介します。

・染め抜き
七五三の紋入れの方法の中では、一番格上となるものです。
紋を白く染め抜きます。
さらに染め抜きには、日向(ひなた)紋と陰(かげ)紋、中陰紋があり、日向紋が格上です。
日向紋は陽紋、表紋とも呼ばれます。
陰紋は紋の輪郭だけを白く染め抜いたもので、日向紋よりも略式となります。
中陰紋は、陰紋よりも太い線で染め抜かれ、日向紋と陰紋を組み合わせた紋です。

・縫い紋(刺繍紋)
染め抜きよりも略式の紋です。
訪問着や付け下げ、色無地の着物に用いられます。
糸を使って紋を表現します。
まつり繍、菅繍(すがぬい)、相良繍(さがらぬい)、芥子繍(けしぬい)、加賀繍など様々な刺繍の技法で表します。
糸の色にきまりはありません。

・張付紋
着物と同じ素材にあらかじめ紋を染めておき、アップリケと同じ要領で張付ける紋です。
貸衣装などで用いられます。
切り付け紋とも言われます。

・石持(こくもち)
紋の位置があらかじめ白い丸で染め抜いてあります。
後で紋を入れやすくするためです。
デパートなどで販売されている留袖などに見られます。

このように、七五三の紋入れの方法1つを見ても、着物には様々な技法がほどこされていることがわかります。
七五三の着物選びをきっかけに、着物についてもっと知識を深めて、着物に親しみを持つきっかけになると良いと思います。

七五三 Club H・L 被布コート 単品

七五三 Club H・L 被布コート 単品

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:






posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 15:54 | Comment(0) | 着物紋入れの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。