元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

七五三の男の子の着物の織り方と模様

七五三の男の子の着物の織り方と模様

七五三 5歳用 羽織袴 フルセット揚付【きもの山喜】

七五三の男の子の着物は、羽二重(はぶたえ)の熨斗目(のしめ)模様です。
この「羽二重」と「熨斗目模様」とは何でしょうか。

羽二重(はぶたえ)は、平絹(へいけん)とも言われます。
撚(よ)りをかけない生糸で織られていて、平らでなめらかな絹織物です。
羽のようにふわっとして柔らかい風合いです。
製織の時、筬(おさ)の一羽に経糸(=縦糸)2本を通します。
羽二重は厚手のものは男性の着物や留袖に、薄手のものは裏地などに多く用いられています。
福井は昼と夜の温度差が少なく、絹織物製織には好条件の地域で、福井で作られる羽二重は最上の絹織物であると言われています。

熨斗目模様(のしめもよう)とは、染め織りにかかわらず、袖の下部と腰のあたりの横一文字につけられた幅の広い模様のことです。
お宮参りの祝着や5歳の男の子の七五三の着物に用いられています。
また、お宮参りの祝い着を、熨斗目とも呼びます。
男の子の熨斗目には、兜、鷹など絢爛豪華な柄が描かれます。
女の子の熨斗目は、手毬や小鼓が花で囲まれているなど、華やかな柄が描かれています。

着物には、羽二重や熨斗目だけでなく様々な織り方や模様があります。
着物の模様は多くの美しいものがあり、また着物によって模様の位置も変わります。
七五三の華やかで伝統的な着物姿はとても心がなごみます。
七五三の着物選びを通じて、着物に関心を持ち、日本人としてもっと着物を大切にする気持ちを持ちたいものです。


posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 15:23 | Comment(0) | 七五三の男の子の着物の織り方と模様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。