元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

七五三の神社へのお参り

七五三のお祝いで神社へお参りに行き、ご祈祷を受ける場合、必ず事前に予約が必要か問い合わせましょう。
神社への謝礼は、蝶結びの水引ののし袋に入れて用意します。
表書きは「御初穂料」「御玉串料」「御礼」で、下段には、子どもの名まえをフルネームで書くのが一般的です。
金額は、神社によっては料金を設定していますので、必ず前もって確認しておきましょう。
ホームページで料金を案内している場合もあります。
個人で参拝する場合の金額は、3,000円?10,000円くらいが相場となっているようです。
七五三のご祈祷は、神社によっては期間が決まっている場合があります。
必ず、事前に確認しておいてください。

七五三のご祈祷だけでなく、写真撮影や着物レンタル、食事などを提供している神社もあります。
例えば、神戸市の生田神社の七五三パックは、特別祈祷・着物・着付け・食事で38,000円です。
京都の平安神宮では、貸衣装・着付け・祈祷料込みで20,000円です。
これらもホームページで案内している神社が多くありますので、確認しておくと良いでしょう。
神社で着付けをしてくれる場合、普段着のまま神社に行くことができるので便利ですね。

初穂とは、その年に初めて収穫された米のこと。
初穂をまず神前にささげ、豊作を感謝する風習があったことから、現在では神社に収める金銭を初穂料と呼ぶようになりました。

神社への正式な参拝時の謝礼は、一般的に蝶結びののし袋に入れますが、婚礼の際の謝礼は結び切りになります。
間違えないようにしてください。


posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | 七五三の神社へのお参り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。