元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康
手芸専門店 パジャマ専門店 バラ市場 出産祝い THE KISS 夢隊web
あの日の思い出を世界に一つだけの写真集に!!
【デジタルフォトアルバムサービス】

七五三が11月15日である由来

七五三は11月15日にお祝いする行事です。
なぜ11月15日なのでしょうか。
七五三が11月15日になった由来は三代将軍徳川家光と言われています。
虚弱であった四男徳松(後の五代将軍綱吉)の、5歳のお祝いである袴着(はかまぎ)の儀を、1650年(慶安3年)11月15日に大々的に行ったという説があります。
この日は、当事使われていた暦である宣明暦(せんみょうれき)による「鬼宿日」(きしゅくにち)でした。
鬼宿日は二十八宿(月の通り道にある28の星座)の中で最良の日とされており、今日の大安吉日の元祖とも言われています。
「宿」とは中国で生まれた星座のことです。
月が鬼宿にあった時、お釈迦様が生まれたと伝えられていることから、一番縁起が良いとされているようです。
家光公が我が子を思う心が庶民に伝わり、現代においても11月15日に七五三のお祝いが行われる、と言われています。

また、11月は農作業が終わり霜月祭を行う時期であり、旧暦の11月15日は満月でもあります。
その日が秋祭りを行う日になったことから、子どもの成長を氏神様に祈願する日となった、とも言われています。
北海道や東北地方の一部では、気候の関係から1ヶ月早く、10月15日に七五三を祝うのが慣習となっています。

現在は、あまり11月15日にこだわらず、家族や祖父母などの都合の良い日を選び、お祝いすることが多くなりました。
寒くなる前に、子供もが過ごしやすい日を選んでお祝いするのも良いと思います。

posted by 七五三 子供の日 五月人形 記録の細道 at 18:00 | Comment(0) | 七五三が11月15日である由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デジカメ写真で世界に一つだけの写真集を!!

PING送信プラス by SEO対策

元気100選総合トップトップページ新着記事今日は何の日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。